Make your own free website on Tripod.com
  

   エリック・クラプトン世代



ハイパー検索


ニュース
クラプトンCD
クラプトンリンク
ワーナー公式
エリック・クラプトン
Doors Laylas
layla is here
bar layla
クロスロード
Eric Clapton.com(英語)
エリック・クラプトン
石橋楽器店
クラプトン大好き
ユニバーサル
In Distress
ヤードバーズ
クラプトンwikipedia
クラプトンDVD
クラプトンニュース
  • Yahoo!画像
  • Google画像
  • goo画像
  • Googleニュース
  • YouTube動画
  • Yahoo!動画
  • infoseek動画
  • 掲示板
  • ブログ
  • amazon
  • 楽天
  • ヤフオク
  • 天気予報
    おすすめ
    アガサ・クリスティ
    横溝正史
    シャーロック・ホームズ
    江戸川乱歩
    松本清張
    機動戦士ガンダム
    ファイナルファンタジー12
    テラシーク
    インターネット新聞
    海外旅行航空券
    東京23区
    名探偵コナン
    宮部みゆきの小説
    スティーブン・キング
    サッカー日本代表
    ドラゴンクエスト攻略情報
    写メール掲示板
    出会いシーク
    最強検索エンジン
    バイク免許取得ガイド
    東京のレンタルオフィス
    プロ野球日本代表
    鋼の錬金術師
    bar layla
    ニンテンドーDS ライト
    高速道路 ETC ハイカ
    アクセスアップツール
    萌えアニメ
    中華料理レシピ
    MP3プレーヤー
    クラプトン本
    お知らせ
    ここを友達に教える
    リンクフリーです
    自動リンク
    宣伝掲示板
    Firefox



    クラプトン作品一覧
    [無料占い] [無料ゲーム]

    エリック・パトリック・クラプトンEric Patrick Clapton1945年3月30日 - )はイギリスのサリー州リプリー出身のギタリスト。その後のロックブルースのギタリストの多くに影響を与え続けている。かつてはヤードバーズに在籍していたジェフ・ベック、(ヤードバーズ解散後はレッド・ツェッペリンの)ジミー・ペイジと共に、「ブリティッシュ・ロック3大ギタリスト」と呼ばれていた。

    ブルースに影響を受けることから出発したクラプトンの音楽上の功績は、本来は黒人の鎮魂歌であったブルースを、白人の感覚で解釈し直したことにある。ブルースの精神をロックと融合させることによって、より広い世界で鑑賞できる音楽に発展させた。また、ジャズの演奏手法であったインプロヴィゼーションをロックの世界に持ち込み、ギターを単なるヴォーカルの伴奏から脱皮させた功績も大きい。

    そのキャリアは、ルースターズから始まる。クラプトンは1963年1月から8月まで在籍。その後、ケイシー・ジョーンズ・アンド・ジ・エンジニアズに参加。程なくロンドンでも注目を集めていたバンド、ヤードバーズに迎えられる。1963年の秋である。ヤードバーズでのプレイが認められ、その存在が注目されるようになったが、バンドはポップ路線を志向するようになり、クラプトンは他のメンバーと意見が対立。1965年にバンドを去ることになる。直接の原因は、フォー・ユア・ラブのレコーディングだと言われる。同曲のレコーディングの際、クラプトンは自分の推薦する曲を他のメンバーが無視し録音しなかったことに腹を立てたと言われる。(その後、前述のジェフ・ベック、ジミー・ペイジが相次いで「ヤードバーズ」に参加する。)

    ヤードバーズ脱退後、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズに参加。ロンドンの街中に「CLAPTON IS GOD」の落書きが現れ、「ギターの神」と呼ばれるようになった。(ただし、クリスチャンであるクラプトン本人は、このあだ名をけっして望んでいない) その後、ジャック・ブルースジンジャー・ベイカーらと「クリーム」を結成。メンバーの即興演奏をフィーチャーしたジャム・セッションや実験的な音楽で、ビートルズに対抗できる唯一のバンドと言われた。しかし、才能をぶつけ合い素晴らしい演奏が生まれる一方で、メンバーの人間関係が悪化し、バンドは空中分解する形で解散。その直後、スティーヴ・ウィンウッドや先のベイカーらとブラインド・フェイスを結成し、1枚のアルバムを残して解散した。

    そこから新天地を求めてアメリカに渡り、南部のミュージシャンと組んだデレク・アンド・ザ・ドミノスを経て、様々なセッションにギタリストとして参加する一方、本格的なソロ活動をスタートした。現在もソロ活動を続け、自ら作曲し歌い(当然、ギターを弾き)、適時にヒット曲を出す。1974年9月14日付のシングルチャートではボブ・マーレィのカバー曲である、『アイ・ショット・ザ・シェリフ』(I Shot The Shheriff)で1を獲得しているが現在の所、クラプトンのシングル第1位は、この1曲のみとなっている。

    1970年代には薬物依存症1980年代にはアルコール依存症交通事故胃潰瘍、愛妻パティとの別離を経験。その後、1990年代初めにはイタリア人女優との間に設けた、クラプトンにとって初めての子供が、ニューヨークの高層マンションの窓から転落死するといったように、数々の災難に遭い人生の辛酸を味わったが、そのたびに立ち直り、そうした経験を糧にますます演奏に奥行きを加えて、世界の第一線のミュージシャンとして活躍を続けている。かつての多くの音楽仲間が薬物で命を落とし、あるいは加齢とともに音楽活動から遠ざかる中で、生き残ったクラプトンが80年代末ごろを境に音楽活動に再び本気で取り組みはじめた意義は大きい。

    1991年、自らのバンドを従え、親友でもある元ビートルズジョージ・ハリスンのバックバンドに徹して参加し、日本だけのツアーを敢行。途中、ジョージの休憩を兼ねて、自らの楽曲を演奏するコーナーもあった。ジョージの世界ツアーの呼びかけに対して、亡くなった自分の息子の為の楽曲の録音をツアーの為にキャンセル。ジョージとしては、これが最後のライヴツアーとなった。そして亡くなった自分の息子に贈った歌が名曲『ティアーズ・イン・ヘヴン』(Tears In Heaven)である。なお、この曲は1992年に全米シングルチャート第2位を記録している。

    1996年、映画「フェノミナン」にカバー曲、『チェンジ・ザ・ワールド』を提供している(元々はカントリー・シンガーの「ウィノーナ」が歌っている)。この曲でクラプトンはグラミー賞のソング・オブ・ジ・イヤーを獲得している。ちなみにプロデューサーはベイビー・フェイス

    世界各国でのツアーを行い、何度か来日している。クラプトン本人は大の日本好きであることも知られており、来日ツアー数は多く、他にもツアーでなくプライベートでも格闘技イベント(PRIDE)を観戦するためなどに何度も来日している。また、20世紀末頃から何度かあった「来日は今回が最後」発言についても、「『最後』という言葉を使うと、客が沢山入ると思った。」という、本人のインタビューでの回答があったことから、ツアーを続けていることへの「言い訳」とも、単なる「ジョーク」ともいわれている。

    イギリス女王即位50周年式典のライヴでは、ジョージ・ハリスン死去への追悼として、元「ビートルズ」のポール・マッカートニーと共に、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスを演奏し、当時の録音同様リードギターを担当し、加えて特別にリードボーカルも担当する。

    2004年6月24日、かねてから自身の所有するドラッグ更正診療所への資金捻出のために所有するギターをニューヨーククリスティーズのオークションに出品した。出品された56本の中には彼の使用したギターで最も有名で 長年愛用したブラッキー('56年製のフェンダー・ストラトキャスター)の愛称を持つギターも含まれ、当初の落札予想価格を大幅に越え最終的に95万9,500ドル(およそ1億520万円)の価格がつけられ「世界一値段の高いギター」となった。

    2004年11月3日、イギリス政府より、ナイトの爵位に次ぐとされる、「大英帝国第三級勲位」(CBE)が授与された。

    2005年にはクリームの再結成ライヴが5月に4夜連続でロンドンロイヤル・アルバート・ホール、10月にニューヨークマジソン・スクエア・ガーデンで3夜連続で当時のオリジナルメンバーで行われた。 また同年1月19日愛・地球博のテーマソングとして作詞、作曲を手がけた『Say What You Will』をSMAPが、『友達へ〜Say What You Will〜』としてカヴァーし発売した(日本語詞は竹内まりや) 。



    日本でのアルバム売り上げは1999年発売のベストアルバム『BEST OF』が200万枚、1992年発売のライブアルバム『アンプラグド』が120万枚(全世界では1500万枚)など。

    余談であるが、トンカツが大好物である。来日したときにはトンカツ屋に必ず立ち寄る。また来日中は寸暇を惜しんで買い物をするのは有名な話で、ブランドシューズであるレッド・ウィングのショップには来日ツアー中何度も訪れて(時には一人で訪れた)日本のみのモデルを合計10足以上買っていったという逸話もある。



    様々な困難を克服し、自分の音楽に磨きをかけ続けてきた Clapton の、質の高い曲と演奏が収録されている。個人的には、最後に収録されている Layla が特に気に入った。この演奏は、エレクトリック・バージョンのライブ。この曲は unplugged でしっとりとやられるよりも、やっぱり、あの有名なギターの音型に乗って快活に歌ってくれたほうが、曲が生きると思う。歌のあと、かなり長いインストルメンタルが続くが、これまた、親しみやすい旋律と軽快なリズムが心地よい。 これをきっかけに、いろいろな時期の演奏を聴いてみたくなった。

    曲、演奏ともに文句無く完璧です。聴き込むほどに味のあるクラプトンのアルバム、絶対オススメです。解説にもあるように名曲 オールドラブが入っていないのはちょっと寂しいですが、どの曲も素晴らしくまさしくベストです。哀愁のある声に深みのある演奏、同じ時代に生まれクラプトンの音楽を聴く事が出来る事に幸せを感じます。特にリヴァー オブ ティアーズなんて涙モノですよ。一生の宝になるアルバムだと思います。

    早いギターフレーズにもかかわらず、まるでとまっているかのように見えることからクラプトンになずけられた言葉「スローハンド」!まさに的を得たタイトルです。「Eric is God!」と呼ばれた彼の代表作のひとつであり、秀逸な一品です。「cocaine」の枯れた味のある音から「Peaches And Diesel」のような澄んだ広がりのある音まで幅広い曲がクレジットされていて、掴み所をとらえたうまいguitarを聞かせてくれます。

    この作品の一番素敵なところは、”ナチュラル”にあるだろう。サイケデリック、ドラッグ等クレージーな世界の音の求道者が、年輪を重ねてやっと安らかな時を越えた、そんなリラックスした感じが観客の反応にも現われている。 そして、子供の頃に大好きだったブルースをアコースティックで弾き語る。 クラプトンの渋い魅力がブルースの魅力を一層醸し出している。 オーバーダビングや差し替えなどが行われていない、純粋ライブ録音。最初から最後まで聞きとおせば、リラックスさが十分伝わると思います。確かに今までにないクラプトンの魅力ですね。

    これは凄い作品ですよ! ギターの神様とブルースの王様がフルに競演したのですから。 エリック・クラプトンはBBキングのヘビーなヴォーカルに呼応するようにヘビーなブルース・ギターを刻んでいます。渋さと迫力が織り交ざったようなサウンドです。 じっくりと味わいアルバムです。BBキングの声は衰えないですね。 最近のアコースティック・サウンドでクラプトンのファンになった方には、是非聞いてもらいたいです

    今までのアルバムの中で最高のアルバムです。ブルージでも新しい感じがします。POPにアレンジされていますが、フレーズはよりブルージーです。DVDの映像もレコーディング中のですね〜最高!!ですね。 ギターのフレーズも今までの中では、ブルース色が強いが、なんとも新しく聞こえるとこがよいです。

    クラプトンが子供の頃に音楽も含めてたくさんの影響を受けたという、今は亡き叔父のために作った一枚。「彼がいなければ今の僕もいない」とまで言うほどの存在であった叔父さんのためだけあって、特別な思いが込められた作品と言えます。ボサノバ調の1曲目で新しい彼の一面をかいま見たかと思えば、泥臭いオールドブルースの2曲目ではクラプトンパワーが100%全開しているなど、彼の持つ豊かなバリエーションが全体を通して存分に発揮されてます。

    とにかくロックを構築した偉大な方たちでいっぱい。ギターヒーローだけではなくロックをかじられている人には名が知れ渡っている人たちがたくさん出演しております。クラプトン、ベック、ペイジで奏でるレイラは圧巻。20年以上も昔のコンサートですが音、画質もそれほど悪くないです。ロック好きは必見!!

    20年間もジャズを聴いてましたが、クラプトンの来札を機にライブのDVDを買いまくり、最高にブルースにはまってます。B.B Kingしか知らなかった私にとって、白人のブルースは強い衝撃と感動を与えました。我が家のdtsでライブを観て、一人でノリまくってます!!   映像で見るクラプトンのギター、フィル・コリンズの歌にも痺れました。 末筆ですが、いつもリージョンフリーについて紹介してくださってる destroyder氏に感謝してます。おかげでいろいろなアーティストのDVDを買って観ることが出来、とても助かってます。
    ブルースをやらせてもらえないヤードバーズを抜け、メイオール先生の膨大なブルースコレクションを聴きまくって研鑽を積み、メキメキ腕を上げたクラプトンの刃物のように鋭利なフレーズが聴けます。マーシャル+レスポールのロックギターサウンドを確立したのも多分このアルバムでしょう。個人的に、このアルバムで聴けるプレイが彼のベストだと思います。後のクリームでは他の2人に引きずられて?長尺のフリーな演奏に移行していきますが、こういう8小節に思いの丈をぶつける演奏のほうが彼には合ってると思います。

    素晴らしい。。。の一言。。 演奏力云々なんかではなくて、この人のもっともレアなエスプリを堪能できる作品。リマスタリングで音質が向上してるのが嬉しい。アナログ系機材全盛の時代の、こんな癖のあるメンツでの力の抜けたジャムは、最近の腕利きメンバーとスタッフで創り込んだ音よりも、ある意味遥かに生々しい。個人的にはこのライブ当時の70年代前後と90年代後半以降の今のクラプトンが好きだなぁ。
    今まで、より歌中心でリラックスしてきた感があるが、久々にギターにも力を入れて作ってきた印象で吹っ切れたかのようだ。リズム隊のダック・ダンとロジャー・ホウキンスも凄まじく、リラックスしながら適度に力が入っているのか、全体のうねりを感じる。音も良く、よりスッキリと聴こえる。見落とされがちではあるが、最後に南部の香りを残した、”エリック・クラプトン”というジャンルの総決算、80年代の名盤だ。

    〜〜最も感受性の鋭敏な傷付きやすい思春期にクラプトンが最も影響を受けたロバート・ジョンソン。ジョン・レノンの名盤「ロックン・ロール」然り、ジェフ・ベックの「クレイジー・レッグス」然り、思春期に最も影響を受けたアーティストのカバー集には思春期特有の『痛み』を感じる(クラプトンが60歳になってもだ)。その『痛み』を感じ取れるからこそ、こ〜〜のCDがクラプトン愛好家・ブルース愛好家のみならず万人に受け入れられる要素だろう。尚、この CDを2倍楽しむ為にはロバート・ジョンソンの「コンプリート・レコーディングス」(豪華ブックレット付きCD2枚組で安い)を併せて購入する事をお薦めします。〜〜
    余分な贅肉を一切そぎ落とした、しかし十分にクラプトンの良さを 堪能できる素晴らしい選曲。クラプトン70年代の全アルバムを聴き とおしてみた今、改めてこのアルバムの選曲の素晴らしさに驚いて います。クラプトンのベスト盤には趣旨のあいまいなものが多いの で、なおさらそう感じます。 もちろんこのベスト盤でクラプトンの全てが分かるとは思いません が、とっかかりとしては最適です。それにしても全体を通してレゲ エ・ヴァイヴに溢れた構成で、クラプトンのレゲエへの傾倒ぶりを 実感します。 初心者にもいい、玄人にもいい。それがこのベスト盤。



    Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

    Copyright © 2004 テラシーク. All Rights Reserved.
    ++ Netmaia